一般に、「虐待を受けた人は、子どもにも繰り返す」という世代間連鎖が信じられてきましたが、この白書によると生育歴のなかで被虐待経験を持つ人は約1割にすぎません。

「児童虐待」してしまう心理とは? - All About focus on(オールアバウト フォーカスオン)

これも めいしん

だったのか……

(via firedfly) (via petapeta) (via kml) (via gkojax, jinon) 2009-05-12 (via gkojay) (via reretlet) (via hyasuura) (via katoyuu)

(via kikuzu) (via himatbshiz)

(via k-angie) (via chihira-masamichi) (via ixa) (via niseyousui) (via shinjihi) (via sejiijes) (via cannot994k) (via see-you-cowboy) (via sanpotekuteku) (via 1899blaugrana) (via yellowblog)

夜這い民俗は、村ごとによって習慣が違ったが、「総当り型」「若衆型」に、二大別される。もう少し詳しく調べてみると、その中でも複雑な類型が発生していたことが分かった。

☆「総当り型」⇒性的年齢に達した者なら、男女ともに自由に交渉してもよいとするもの。

●「全解放型」・・・娘・後家をはじめとして、いつでも、誰のところに行ってもよい。
●「不在解放型」・・・配偶者が留守のときに限る。
●「嬶解放型」・・・嬶の場合に限る。
※嬶というのは、主人の女房。後家というのは、主人に死別した嬶。

自分(主人)が不在の場合に、妻などに対する夜這い阻止しようとする「防衛型」もある。
●「禁止型」・・・妻の兄弟とか、親類の信用できる男に警備を頼む。
●「交替型」・・・気心の分かった男に警備を頼むかわりに、その男が留守のときは自分が警備にいく。
●「交換型」・・・「交替型」を頼む関係の夫婦間などで、お互いに女房を解放し合う。

☆「若衆型」⇒娘、後家、下女など、つまり嫁と嬶、婆を除くすべての女を、若衆が管理するというもの。

「割替式」(最も厳しい類例)
●「定制型」・・・正月の初会合にくじ引きその他の方法で、若衆と娘との組合せを決め、決まると一年間は変改しない。
●「変替型」・・・基本は「定制型」だが、少しは事情によって変改を認める。男女双方の希望で、組合せを交替するとか、一定の期間を経て組替えるなどの方法。だいたい無償だが、酒一本、二本というような有償の場合もある。

「自由式」(最も普通な類例)
●「随意型」・・・完全解放の早いもの勝ち。喧嘩が起こることもあった。
●「予約型」・・・男女双方が唄合戦をして勝敗をつけたり、合意の上で約束したりする。そのかわりに失意の者も出て、若衆組や娘仲間の幹部たちが苦労することになった。

●「巡訪式」・・・「割替式」と「自由式」の中間様式。若衆が順次に定められた娘の家を廻る。娘から見ると、訪れてくる相手によって楽しい夜もあれば、苦しみの夜もあることになるが、これは意外に分布の広い様式。公平という考慮が喜ばれたのかもしれない。

●「見習型」・・・若衆の先輩のお供をして草履を持ったりする「見習い」を二年ぐらいしているうちに、その先輩や娘たちが相談して適当に手引きしてくれる。親が若衆頭に頼んで手引きしてもらう例もある。

●「独立型」・・・見習修行中に、先輩の話をよく聞いておいて、単独で好いた女の家へ忍び込む。ほんとうの「夜這い」といえるのかしれない。主として「自 由式」の村で行われた。「割替式」「巡訪式」の村では、だいたい若衆入りすると自動的に相手を決められたり、順番が廻ってくると女の家に行けばいいので、 忍び込みの苦労はしなくてよかった。

参照:「非常民の性民俗」 赤松啓介
女友達が「男の人って何で胸見てくるの?見てるのバレバレなんだけど」って言ってきたから
「ブランドの店にきれいなバッグや宝石が展示してあったら、いいなー欲しいなーってつい見ちゃうでしょ?
でも盗んだりはしないでしょ?それと全く同じことだよ」
って説明したらすごく納得してた
上司「このパソコン、ハード二つあるんだよね?」
私「ハードディスクは一つですけどパーティション切って2つ扱いにしてるんです」
上司「そういう専門用語使われても解らないよ」
私「ところで会議二つ重なっちゃいましたけど部屋どうします?」
上司「パーテーションで区切って使って」

mmtki:

inkytasty:

zekkei-beautiful-scenery:

Mt.Fuji Japan 富士山 日本の絶景 Zekkei Beautiful Breathtaking Scenery をアップ♫Oct.25 2013 03:15 画像→

Stunning. Absolutely stunning.

2014-01-18

今からすごくショッキングな発言をしますので、ちょっと強い酒をぐっとあおってから聞いてくださいね。人生は、「正しく生きている人間」が必ずしもいい目を見るとは限らないし、「ずるく生きている人間」や「悪人」に必ずバチが当たるということもないんです。

 私たちは子供の頃から、因果応報系の童話や伝説をよく聞かされて育ちます。道徳の授業なんかでも、悪いことをした人間はその報いを受けますし、いいことをした人間にはそれなりのご褒美が待っていたりします。けれど、現実はそうじゃありません。マナーを守り、仁義を通し、ずるをせずに正しく生きていれば、必ずそれが報われるというわけでもなければ、すっごくずるして生きているように見える人や、人のことを平気でめちゃくちゃに傷つける人が普通にサクセスしてたりもします。

元上司が、イギリス人の同僚に「リア充」とは何ぞ、とレクチャーをしたらしい。それを受けての同僚の反応。「まったく理解できないよ!リア充って要はすばらしく幸せな生き方ってことだろ!?なんでそれに名前をつけて卑しめるんだい!」

Things I like